地域 店名 解説
府中市若松町 スンガリー飯店 東府中駅北口の目の前。国籍不明の店名(満州語で天の川の意)だが、実際はごく普通の大衆中華。安くて美味いのは当たり前とばかり、ワンコインでランチを提供。メニューのあちこちに描かれたイラストのパンダの如く“太っ腹”。
府中市宮町 くりばやし餃子 創業60年。「餃子はテイクアウトして家で食べるもの」という食習慣?を府中市民に根付かせた持ち帰りの餃子専門店。普通の1.5倍ぐらいある焼き餃子は5個で498円(生は6個)。ニンニクは少し強め。
府中市宮町 桃源酒家 府中店 伊勢丹9階の高級中華。総料理長はホテルオークラ桃花林出身ということで、ワンランク上の料理がリーズナブルに楽しめる。ランチはさらにお得。
府中市宮町 麺創研かなで・改 最近は意味不明な店名のラーメン屋が増えたが、こちらには辛めの「かなで・紅」という姉妹店も有り、どちらも劣らぬ人気ぶり。煮干しを贅沢に使ったスープが細麺に絡み、豚と鶏のチャーシューが味に彩りを添える。但し行列は覚悟の上で。
「府中グルメ」メニューページに戻る
ページトップへ戻る